21カ国語、複数通貨に対応したオープンソース開発の会計ソフト『GnuCash(グニューキャッシュ)』

  1. 株価や為替レートを自動取得☆複数言語、複数通貨での運用が可能な会計ソフトです☆
    価格 無料
    サポート 日本語マニュアル・Wiki・メーリングリスト
    無料体験版

    -

    運営 The GnuCash Project
  2. オープンソースで開発されている会計ソフト『GnuCash(グニューキャッシュ)』。

    フリーウェアなので完全無料での運用が可能です。英語ベースのソフトですが、日本語化も可能。


    家計簿的な利用から小規模法人の経理まで対応していますが、ネットで日本人の利用法をリサーチしてみた感じでは家計簿や資産運用メモ的な運用をしている人が多い印象でした。

    現時点での最新バージョンは2018年4月にリリースされたv3.0。

●ソフトの特徴

● 複式簿記による取引入力
● 日本語を含む21ヵ国語、複数通貨に対応
● 株価や為替レートを自動で取得&反映
● QIF、OFX、HBCIファイルのインポート機能
● 消込機能
● グラフや表を用いた経営レポート機能
● Mac OS、Linuxでも利用可能
● Androidアプリ完備

●利用料金は?

● フリーウェアなので無料
● 寄付も受け付け中

●サポートについて

● 日本語マニュアル、メーリングリスト、Wiki、開発者とのチャット機能

 

公式サイトからLinux、Windows、Mac向けのソフトをダウンロードすることが出来ます。


言語の設定で「Japanese」を選ぶことで日本語メニューでの運用が可能。


ヘルプメニューからチュートリアル・コンセプトガイドという日本語マニュアルが見れるのですが、管理人の環境だと一部文字化けしていたので文字化けが起きた場合はコチラのページから同じ内容のものが見れます。


Androidアプリも完備されています。レビュー評価は高め。

複数の通貨でのデータを一元管理出来るので海外在住の人向けには需要があるでしょうか。
株価や為替のレートを自動で最新情報に更新してくれる等、資産管理系の機能は充実していますね。

フリーウェアですが規模が大きいので、サービスの持続性という意味では安心感があるでしょう。


『GnuCash(グニューキャッシュ)』の公式サイトへ

ページの先頭へ