自治会やサークル等の非営利コミュニテイ向けの会計ソフトは何がある?

会計業務は何も企業に限ったことではありません。
町内会等の自治会や地域のサークルコミュニティ活動等でも会計は必要!!
ですが弥生会計等の企業向けに作られた会計ソフトだと、非営利の小規模コミュニティの経理業務には適さないケースも多いかと思います。

勘定科目も違いますし、使わない機能が多すぎますからね。また、コミュニティ内に簿記や経理の知識がある人がいなくて会計ソフトの運用自体が難しい状況等もあるでしょう

ですが手書きでの帳簿付けではちょっと効率が悪すぎますし、ミスも起きやすいかと。
このページでは自治会やサークル等の非営利団体向けの会計ソフトを紹介していますので、導入検討時の参考にしてみてください♪

●ちまたの会計
特徴:非営利コミュニティ向けでは業界初のクラウド会計ソフト。寄付によって運営されており完全無料での利用が可能。自動での帳簿作成やデータ分析機能など仕様面でも優秀。
URL:https://www.timakai.com/

●会計係さん7
特徴:有料(30日間の無料期間あり)。価格は16,360円(税込)。勘定科目登録の代行サポート、電話&メールサポートあり。
URL:http://www.system-audit.co.jp/kaikei7_top.php

●大菜会計
特徴:無料。町内会の会計業務に特化。町内会での役職情報や班分けでの管理も可能。
URL:http://www.forest.impress.co.jp/library/software/dynakaikei/

●サークル会計
特徴;有料(30日間の無料期間あり)。価格は9,504円(税込)。自治会や町内会、PTA等にオススメ。電話&FAXによるサポートあり。
URL:http://www.nagasakisoft.com/

●自治会会計Excel
特徴:無料(シャアウェア)。Excelベース、報告書にキャッシュフロー印字が可能。
URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se501437.html

●PCS予算会計8M
特徴:無料。非営利団体向け。手作業を意識した分かり易いインターフェイス、補正予算にも対応。
URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se509206.html

●NS会計
特徴:印刷機能以外は無料(印刷機能は16,800円のライセンス料が必要)。勘定科目を自由に設定、5種類の帳簿が作成可能。
URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se502013.html

●自治会 会計
特徴:無料。出納帳に記帳するだけで決算書が作成可能。ミスがあると赤色が付くチェック機能も。
URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se432022.html

●シンプル会費管理
特徴:無料。町内会等の自治体で集金した会費を簡単操作で管理出来るソフト。
URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se476208.html

上記のソフト辺りが候補に挙がるでしょう。

有料のソフトもありますが、基本的には無料のソフトで良いかと思います。予算やコミュニティの規模が大きい場合は会計係さん7やサークル会計等のサポートが付いたソフトを利用するのが良いかと。

非営利向けコミュニティ会計ソフトの特徴としては、出納帳に入力するだけで決算書が印刷出来たり、勘定科目を自由に設定出来る点ですかね。

基本的に経理の知識があまりなくても運用可能になっていると思いますので、手書き帳簿で運用しているコミュニティの会計係さんやサークルを立ち上げたばかりの方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょう♪

その他の業種・業態別ソフト関連記事

 


今なら2017年度版のMFクラウド確定申告公式ガイドブックのプレゼントキャンペーン中

このページの先頭へ