完全無料で運用可能☆確定申告(個人事業主用)会計アプリ

  1. 仕訳数や利用期間の制限は一切ナシ♪無料運用可能な『青色申告対応会計アプリ』
    価格 無料
    サポート 開発者にメールにて問い合わせ可能
    無料体験版

    -

    運営 個人(arius)
  2. 個人事業主の青色申告に対応したスマートフォン(Android)向け会計アプリ『確定申告(個人事業主用)』。

    開発は個人の方ですね。広告は表示されますが、月間の仕訳数制限や利用期間の制限等は一切ありません

    完全無料での運用が可能な点が大きな特徴です。


●ソフトの特徴

● 個人事業主の青色申告(65万円控除)に対応
● 仕訳をするだけで必要書類を自動作成(貸借対照表、損益計算書、総勘定元帳、仕訳帳)
● 複式簿記形式
● 登録済みの仕訳パターンから新規仕訳を作成可能
● バックアップデータを作成可能
● 消費税には非対応

●利用料金は?

完全無料で利用可能

●サポートについて

● 開発者にメールにてアプリの使い方の質問、改善要望、バグについての問い合わせが可能

 

↓が新規仕訳登録する際の入力画面。


借方貸方のある複式簿記形式の入力方式です。

借方と貸方の勘定科目を選択して金額、摘要を入力、最後にOKボタンをタップすれば仕訳登録完了です。
勘定科目は候補が一覧で表示されるので便利ですね。

また、確定申告(個人事業主用)会計アプリには良く使いそうな仕訳パターンが最初から登録済みです。


登録されている仕訳パターンはかなり多いので、借方貸方の意味が良くわからない経理初心者の方にとって嬉しい機能ですね。
自分が登録したい取引と似たような仕訳パターンを選択して、日付と金額、摘要を変更するだけでOKです。

実際に確定申告(個人事業主用)アプリを使ってみましたが、複式簿記の知識がある程度あれば、操作は非常にシンプルなので使い勝手は良いでしょう。

アプリの使い方はGoogle Playのアプリの詳細紹介ページにて説明があるのですが、アプリ内にもヘルプページが欲しいと感じました。

スマホ用の無料会計アプリだと当サイトでも紹介しているTaxnoteが有名ですが、Taxnoteには決算書作成機能は付いていないので、65万円控除の青色申告を無料で行える点に確定申告(個人事業主用)アプリの価値があるかと

確定申告書の作成には対応していないので、国税庁のサイト等で別途作成する必要がありますが。

消費税非対応なので現時点では売上1,000万以下の個人事業主がターゲットですね。

リリースされてからまだ1年足らずなので運用実績が少ない点はやや不安ですが、65万円控除の青色申告を完全無料で行いたい個人事業主の方は一度ダウンロードしてみて、使い勝手を試してみてはいかがでしょう。

『確定申告(個人事業主用)会計アプリ』の公式サイトへ

ページの先頭へ