会計ソフト比較NAVIロゴ

飲食店等の店舗経営者にオススメ☆クラウド会計ソフトと連携可能なモバイルカード決済&POSレジサービス

 

freeeマネーフォワードクラウド会計/確定申告をはじめとするクラウド会計ソフトは豊富な連携サービスの存在が魅力の一つ。

その中でもモバイルカード決済サービスとの相性は非常に良いと言えるでしょう。

モバイルカード決済サービスとは、スマホやタブレットに小さなカードリーダーを取り付けるだけでクレジットカード決済を可能にしてくれる便利な仕組み

導入費用や決済費用が安く、入金サイクルも早いのでこれまでコスト的にクレジットカード決済の導入が難しかった小規模事業者でも利用しやすいサービスとなっています。

代表的なサービスは決済手数料が3%台とリーズナブル、入金サイクルは最短翌日といったスピーディさを実現しています。

まさに従来のクレジットカード決済のイメージを払拭する存在と言っても良いでしょう。

コスト的なメリットが大きいモバイル決済ですが、クラウド会計ソフトと連携させることによって経理業務の効率化にも繋がります。

モバイル決済サービス経由での売上は自動で帳簿に反映されますし、POSレジアプリを組み合わせればさらなる効率化が期待できます。

経理の効率化だけではなく、財務状況がリアルタイムで把握出来るので経営判断にも役立ちますし、紙の伝票を紛失するといったミスもなくなります。

このページではクラウド会計ソフトと連携可能な代表的なモバイルカード決済サービスを管理人が独自にPICK UPして紹介していきます。

Square(スクエア)

●Square(スクエア)の特徴

・月額固定費等はナシ、決済手数料のみで運用が可能
・三井住友とみずほ銀行利用なら翌日入金
・申込みはオンラインで最短当日利用が可能
・オフラインでの決済も可能
・独自のPOSレジ、ブラウザ決済、請求書機能が完備
・キャッシュレス加盟店支援事業者として登録済み

●Square(スクエア)の取り扱いブランド

・VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners、Discover、交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay

●Square(スクエア)の利用料金

・VISA、MasterCard、American Express、Diners、Discover、交通系電子マネー:3.25%
・iD、QUICPay、手入力決済、ブラウザ決済::3.75%
・JCB:3.95%
・初期費用:Square Reader(カードリーダー端末)が7,980円(税込)、Squareに対応するスマートフォンがあれば必要なし

●Square(スクエア)の入金サイクル

・三井住友銀行とみずほ銀行:翌日入金
・その他金融機関:毎週金曜日入金

●Square(スクエア)の決済以外のサービス

・POSレジ、請求書、予約管理、ギフトカード、ネットショップ作成、従業員管理、店舗管理、顧客管理等

●Square(スクエア)と連携可能なクラウド会計ソフト

・freee、マネーフォワードクラウド会計/確定申告等

運営:Squareup Pte. Ltd

>>Square(スクエア)の公式サイトへ

楽天ペイ

●楽天ペイの特徴

・楽天Edyに対応するのは楽天ペイのみ
・電子マネー主要15ブランド(交通系含む)に対応
・アプリ決済なら利用者に楽天ポイントが貯まる
・楽天銀行利用なら手数料無料で翌日に自動振込
・キャッシュレス加盟店支援事業者として登録済み

●楽天ペイの取り扱いブランド

・VISA、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover、楽天Edy、nanaco、交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay、Google Pay、R PAY、au PAY

●楽天ペイの利用料金

・VISA、MasterCard、American Express、楽天カード、楽天Edy、nanaco、交通系電子マネー、Android Pay、R PAY、au PAY:3,24%
・JCB、Diners、Discover、iD、QUICPay、Apple Pay:3.74%
・楽天ペイアプリ決済:3.24%
・初期費用:Rakuten Card & NFC Reader Elan(カードリーダー端末)が19,800円(税込)

※今なら通常19,800円(税込)のカードリーダー端末が0円、QR決済手数料が全額キャッシュバックされるキャンペーン中!!

●楽天ペイの入金サイクル

・楽天銀行:翌日に自動振込(※手数料無料)
・その他の金融機関:23時30分までの入金指示で翌日振込(手数料210円/回)

●楽天ペイの決済以外のサービス

・ビジネスローン、集客支援

●楽天ペイと連携可能なクラウド会計ソフト

・freee、マネーフォワードクラウド会計等

運営:楽天株式会社

>>楽天ペイの公式サイトへ

STORES決済(旧Coiney)

●STORES決済の特徴

・月額固定費ナシで決済手数料のみで運用可能
・ブラウザでのオンライン決済が可能(多言語対応)
・中国人観光客向けにWeChat Payでのアプリ決済にも対応
・交通系電子マネーの決済手数料は業界最安水準
・キャッシュレス加盟店支援事業者として登録済み

●STORES決済の取り扱いブランド

・VISA、MasterCard、American Express、セゾンカード、JCB、Diners、Discover、交通系電子マネー、WeChat Pay

●STORES決済の利用料金

・VISA、MasterCard、セゾンカード、American Express:3.24%
・JCB、Diners、Discover:3.74%
・交通系電子マネー:1.98%
・QRコード:3.24%
・オンライン請求書決済(VISA、Mastercard):3.24%
・初期費用:STORES 決済端末が19,800円(税込)

※今なら通常19,800円の決済カードリーダー端末が0円になるキャンペーン中!!

●STORES決済の入金サイクル

・手動入金の場合:いつでも振込依頼が可能で、決済日から最短翌々日は入金
・自動入金の場合:1ヶ月分が翌月20日に入金

●STORES決済と連携可能なクラウド会計ソフト

・freee、マネーフォワードクラウド会計

運営:コイニー株式会社

>>STORES決済の公式サイトへ

Airペイ

●Airペイの特徴

・導入費用&振り込み手数料0円、決済手数料は業界最安級
・リクルートグループの運営
・Apple Payにも対応済み
・POSレジサービスのAirレジ、QRコード決済サービスのAirPAY QRも
・キャッシュレス加盟店支援事業者として登録済み

●Airペイの取り扱いブランド

・VISA、MasterCard、American Express、JCB、Diners、Discover、交通系電子マネー、iD、QUICPay、Apple Pay

●Airペイの利用料金

・VISA、MasterCard、American Express、交通系電子マネー:3.24%
・JCB、Diners、Discover、iD、QUICPay、Apple Pay:3.74%
・初期費用;カードーリーダー端末が19,800円(税込)

※今ならiPadとカードリーダー端末の導入費用が0円になるキャンペーン中!!

●Airペイの入金サイクル

・みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行:月6回の入金日
・上記の銀行以外:月3回の入金日

●Airペイと連携可能なクラウド会計ソフト

・freee、マネーフォワードクラウド会計、弥生(Airレジ)等

運営:株式会社リクルートライフスタイル

>>Airペイの公式サイトへ

 

以上の4つが代表的なサービスでしょう。

基本的には初期費用としてカードリーダー代金を払ってしまえば、後は月額固定費等のランニングコストは必要なく、決済手数料のみで運用可能となっています。

初期費用となるカードリーダー端末の導入料金も多くのサービスが全額キャッシュバックキャンペーンを行っている状況ですので、実質0円で導入可能です。

モバイル決済サービスも会計ソフトと同じくスイッチングコストの高い業界かと思いますので、初期のシェア獲得戦略が重要なのでしょう。この辺はクラウド会計ソフト業界とも似ていますね。

モバイル決済サービスのパイオニアとも言えるSquareとリクルートグループが運営しているAirペイは自前でPOSレジサービスも提供している点が魅力です。ユビレジ等の他社POSレジサービスとの連携も可能ですが、同運営の方が色々とスムーズだと思うので。

楽天スマートペイは電子マネー主要15社に対応している点が大きなメリットかと。WAONにも対応しています。アプリ決済だと利用者に楽天ポイントが貯まる点も独自性があります。

クラウド会計ソフト&モバイル決済&POSレジの組み合わせは飲食店等や小売店、美容院等の店舗経営者にとって経理効率を大幅にUPさせてくれる存在ですので、今現在クラウド会計ソフトを利用している or 今後利用する予定のある店舗経営者の方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょう。