Amazon税金カテゴリ1位☆『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』を読んでみました。


【※2020年3月17日更新】

サンクチュアリ出版から発売されているフリーランス(個人事業主)向けの税金本『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』。

漫画イラストを担当している漫画家あんじゅ先生の実際の経験に基づく税金エピソードをベースに、税理士の大河内さんがフリーランスの税金に関する疑問をわかりやすく解説されています。

税理士の大河内さんは先日行われたfreee主催の確定申告FESでも登壇されていましたね。

なんといってもほぼ全編が漫画というのがこの書籍の最大の特徴。

これまでフリーランス向けのわかりやすさを売りにした税金の本は何冊か読んできましたが、わかりやすさという意味ではピカイチでしょう。ボケに対してツッコミしていくようなコミカルな話の流れになっているので、内容がスイスイと頭に入ってきます。

ほとんど税金や確定申告の知識がないままフリーランスとして独立してしまった(またはする予定)の人にオススメ出来る1冊です。

2020年3月17日時点でのAmazon.co.jpの税金カテゴリの売れ筋ランキング1位、レビュー数も200近くあって平均星4,4と購入者の評判も良いみたいですね。

私は紙の書籍で買いましたが、Kindle版も用意されています。定価は1,320円(税込)ですがKindle版は1,188円(税込)と1割ほど安い価格設定。

『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』の章見出しを紹介しますと、

1章:何が違うの?フリーランスと会社員
2章:誰も教えてくれない税金の話
3章:リスクに備える!社会保険
4章:ぶっちゃけどうなの?経理と領収書
5章:いざ!確定申告
6章:もっと知りたい!税金&お得なテクニック
7章:実は得する?副業と確定申告

の7章構成になっています。

フリーランスを取り巻く基本的な税金や社会保険、控除、経費、節税の情報がコンパクトにまとまっています。

漫画家あんじゅ先生が『とにかく節税がしたい!』というスタンスなので、経費と節税関連の情報が充実していますね。

実際問題どこまで経費になるのか?の話や出金伝票の使い方、家事按分の根拠の話は多くの人が参考になるかと。

iDeCoや小規模企業共済を利用した節税法や会社員の人が会社にばれないで副業の確定申告を行う現実的な方法にも触れられています。

また、この本では青色申告(65万円控除)が推奨されていますが、具体的な仕訳のやり方などは解説されていないので、その部分は他の書籍やWEBで知識を補完する必要がありますね。

総合的に税金や確定申告の知識がないフリーランス(個人事業主)の人が手っ取り早く全体的な知識を付けたい時にぴったりな本と言えるでしょう。

>>Amazonの販売ページへ

その他の書籍レビュー関連記事

ページの先頭へ