会計ソフト比較NAVIロゴ

初年度無料キャンペーン中☆弥生のクラウド版青色申告ソフト『やよいの青色申告オンライン』

通常年額8,800円のセルフプランは初年度0円、ベーシックとトータルプランは半額に☆

価格 自動仕訳機能 スマホアプリ
8,800円/年~ あり あり
サポート 無料体験版 運営
メール/チャット/電話/リモート あり 弥生(株)

業界シェアNO.1の弥生株式会社が提供しているクラウド会計ソフト『やよいの青色申告オンライン』。

弥生シリーズといえばPCにインストールするタイプのパッケージ型製品の印象が強いですが、現在はクラウド型のサービスも充実しています。

やよいの青色申告オンラインは2014年にサービス開始。他社サービスと比べると後発だったのですが、2021年4月末時点での個人事業主を対象にしたMM総研調べのクラウド会計ソフトの利用状況では堂々1位を獲得しています。

会計ソフトメーカーとして長年積み上げたノウハウを活かし、弥生シリーズ特有のわかりやすいインターフェイスとクラウド会計特有のメリットを上手い具合に融合している印象です☆

もちろん青色申告に必要な各種帳簿作成から確定申告書作成まで全て対応しています。

やよいの青色申告オンラインの特徴

やよいの青色申告オンラインの特徴をざっと紹介してみますと、

● 簿記知識がなくてもOKのかんたん入力機能
● インターネット環境があればどこでも使える
● シンプルでわかりやすいインターフェイス
● 銀行やクレジットカードカードの明細の自動取込&自動仕訳
● 各種帳簿&レポートも自動で作成
● バージョンアップは自動だから常に最新版
● Macでも使える、豊富な連携サービス
● 自動バックアップ機能あり

等が挙げられます。

通常自力で青色申告を行うとなると、ある程度の簿記知識は必須です。青色申告は複式簿記による帳簿作成が義務付けられていますので。

ですが、やよいの青色申告オンラインの場合は小難しい簿記や会計の知識は必要なく、取引の日付や金額を入力していくだけで必要な書類を自動作成してくれる『かんたん入力機能』が搭載されています。

勘定科目は候補が一覧で表示されるので、細かい知識がなくても候補の中から選ぶだけでOK。

参考:やよいの青色申告オンラインを管理人が実際に使ってみたレビュー記事

初心者でも感覚的にわかるようなユーザーインターフェイスは日常的に運用していく上で魅力的なポイントです。

さらにクラウド機能が加わったことによって、インターネット環境があればどこでも利用可能。

銀行やクレジットカードの取引データを自動で取り込んでくれて、自動で仕訳登録してくれる機能も搭載されています。

精度は完璧ではありませんが、学習機能があるので使っていくうちにどんどん精度が高まっていきます。

Android/iOSに対応した専用アプリをインストールすればスマートフォンからの取引入力も可能。

セキュリティに関しても、暗号化通信、自動データバックアップ、24時間365日稼働のデータセンター、ウイルス/マルウェア対策等、充実の体制です。

利用料金は?

やよいの青色申告オンラインの料金プランですが、

●無料体験プラン(最大2ヶ月無料/申告書は作成不可)
●セルフプラン(8,800円(税込)/年間)
●ベーシックプラン(13,200円(税込)/年間) ※電話サポート付き
●トータルプラン(22,000円(税込)/年間) ※業務相談サポート付き

の4つが用意されています。

実際に申告書作成までするとなるとセルフプランか充実サポート付きのベーシックプランということになりますが、現在、

初年度は完全無料で使い倒せるキャンペーンを実施中!!

通常セルフプランは年額8,800円の料金がかかりますが、今なら完全無料の0円で使えちゃいます。

電話サポート等の充実サポートが付いたベーシックプラン、業務相談サポートが付いたトータルプランも通常の半額で利用可能。2022年3月15日(火)までの期間限定キャンペーンとなっています。

これだけの機能を搭載したクラウド型の青色申告ソフトを『完全無料』で利用出来るタイミングは貴重ですので、ぜひこのお得なキャンペーンを利用して2021年の青色申告&確定申告を最低限のコストで乗り越えていきましょう。(↓詳細&申し込みは以下のリンクから↓)

>>『やよいの青色申告オンライン』の公式サイトへ

白色申告で確定申告する方は下のリンクから

>>『やよいの白色申告オンライン』の公式サイトへ