会計ソフト比較NAVIロゴ

事業用と家計用の帳簿管理が同時に出来ちゃう☆『IJssel(アイセル)会計』

30日間は無料☆AccessベースのSOHO向け会計ソフト。

価格 自動仕訳機能 スマホアプリ
5,000円(税込) なし なし
サポート 無料体験版 運営
メール・専用掲示板 あり(30日間) 個人

SOHO・個人事業主向けの青色申告用ソフト『IJssel(アイセル)会計』。

開発者は個人の方ですが、ご自身がSOHOなだけあって事業用と家計用の帳簿管理を同時に行える点や複式簿記の知識がなくても仕訳が作成可能な点など、SOHOの人にとって経理ができるだけ負担にならないような仕様になっているのが特徴です。

料金も最初に5,000円払うだけでその後のバージョンアップ等は無料、という非常に良心的な設定。

MicrosoftのAccessをベースに開発されていますが、製品版のAccessを持っていなくても無料でダウンロード可能なRuntime版があれば利用可能。

IJssel(アイセル)会計の特徴

  • MicrosoftのAccess上で動くソフト
  • 65万円控除の青色申告に対応(白色申告もOK)
  • 勘定科目代わりに入力科目を採用することで複式簿記の知識が不要
  • 事業用と家計用の帳簿管理が同時に可能
  • ネットバンキングからの明細インポート機能
  • バージョンアップ無料
  • 複数のPCにインストール可能
  • 体験版あり(30日間)

利用料金は?

  • ライセンス代金:5,000円(税込)
  • Vectorシェアレジ価格:5,610円(税込)
  • 料金が発生するのは初回のみ、後のバージョンアップは無料

サポートについて

  • メール・サポート掲示板によるサポートが完備(体験版利用時の質問にも対応)

 

個人の方が開発者なのでサポート面での不安がありますが、2005年にリリースされて以来、2020年の現在でもサポート掲示板での対応が行われているのは高評価ですね。

初回にライセンス代金5,000円を払うだけで後はずっと無料という点は大手のソフトとは一線を画すリーズナブルさ。

開発者自信がSOHOで『こんな会計ソフトがあったらいいな』というコンセプトゆえの細やかな機能が搭載されているので、使い勝手がマッチするとってはありな選択かと思います。

Access(Runtime版でもOK)の導入が必要な点が人によってはややハードルが高いかもしれませんが、30日間の無料体験版が公式サイトからダウンロード出来ますので、興味のある方は使い勝手を試してみてはいかがでしょう。