会計ソフト比較NAVIロゴ

経理知識に自信のない個人事業主にぴったり☆初心者向け用の会計ソフトなら『freee(フリー)』をおすすめします♪

いざ個人事業主、フリーランスとして独立したはいいものの、ビジネスは営業活動だけではやっていけません。

経理や請求書作成等のバックオフィス的な作業もビジネスを継続させていくには欠かせない要素。

特に経理や税金の面で悩んでいる個人事業主の方は多いと思います。

独立したてで目の前の仕事で精一杯なのに、帳簿なんか付ける暇なんかあるか!!みたいな人も多いかと・・・。

もともと簿記や会計の知識がある人は多くないでしょうし、これから勉強するにしてもなかなか時間がとれないのが現実。

会計初心者におすすめのクラウド会計ソフト『freee』

そうなると簿記や会計の知識がない初心者でもかんたんに扱えるような会計ソフトがあると便利なのではないでしょうか?

近年の会計ソフト業界では『クラウド型の会計ソフト』が一種のブームになっており、会計の知識がない人でも直感的に操作出来るような機能が特徴のサービスが続々と生まれてきています。

その中でも会計の初心者におすすめのソフトが『freee(フリー)』

クラウド会計ソフトのパイオニアともいえるfreee。2016年2月に発表されたデジタルインファクト社調べのクラウド会計ソフト業界の調査データでも堂々のシェアNO.1を記録、利用事業者数も100万を突破している人気のサービスです.

freeeの魅力はなんといっても、

簿記の知識がなくても仕訳、各種帳簿がかんたんに作れる!!

という点でしょう。

収入か支出かを選んで、勘定科目を候補から選択、金額を入力すれば自動的に仕訳が作成されるので、家計簿感覚で使えます。

銀行やクレジットカードのデータを自動で取得し、半自動で帳簿を作成してくれる機能も付いているんですね。

クラウド型なのでインターネットに繋がる環境があればどこでも自分の会計データにアクセス可能。

iOSとAndroid用のスマホアプリも用意されているので、ちょっとした空き時間を有効活用できちゃいます。

Macにも対応していますし、ソフトのバージョンアップは自動&無料、個人事業主ならば仕訳入力~確定申告までスマホアプリで完結可能、連携サービスの充実などなど、まさに忙しいフリーランスや個人事業主の相棒として最適な会計ソフトと言えるかと☆

freeeの利用料金は個人事業主プランが1,298円/月、2,618円/月、43,780円/年の3コース、法人プランが2,618円/月、5,258円/月52,536円/月の3コース。30日間の無料お試し期間が付いてきます。

多少の会計知識があるなら『マネーフォワードクラウド会計/確定申告』

同じようなクラウド会計ソフトで『マネーフォワードクラウド会計/確定申告』というサービスもあります。

こちらは当サイトのおすすめランキングでも上位の非常に優秀なソフトなのですが、『初心者用』という観点から見るとfreeeにやや軍配が上がるかと。

freeeと比べるとマネーフォワードクラウド会計は、会計の知識がある人向けに設計されています。

一般的なインストール型の会計ソフトからの移行であれば、マネーフォワードクラウド会計の方が違和感なく運用できるでしょう。

今は初心者だけど今後簿記や会計の知識を付けていきたい!!という方にはマネーフォワードクラウド会計をオススメします。

freeeにもマネーフォワードクラウド会計にも30日間無料お試し期間が付いていますので、どちらを選ぶか悩んだらとりあえず両方とも使ってみて自分にとって感覚的にしっくり来る方を選ぶのが良いかと。

クラウド会計ソフトは個人事業における会計面の作業を最大限に効率化してくれるとっても便利なツール。

会計ソフトの初心者の方はまず、特別な知識や経験いらずで運用可能なfreeeを試してみてください。
(↓freeeの詳細&会員登録は下のリンクからどうぞ☆↓)

>>freeeの公式サイトへ