会計ソフト比較NAVIロゴ

金融機関明細の自動取込&自動仕訳も可能☆累計販売数100万本以上のソリマチ『会計王シリーズ』

電子帳簿保存に対応した最新版の会計王21がリリースされています♪

価格 自動仕訳機能 スマホアプリ
44,000円(税込) あり なし
サポート 無料体験版 運営
最大15ヶ月間無料の保守サービス あり(30日間) ソリマチ(株)

松岡修造氏がイメージキャラクターでもお馴染み、ソリマチ株式会社が提供している『会計王シリーズ』。

累計出荷本数も100万本を突破し、お客様満足度NO.1とのリサーチ結果(※2020年8月株式会社プラグ調べ)もある会計ソフト業界の中でも老舗のソフトメーカーです。現在の最新シリーズは会計王21。

NPO法人、介護事業所、農業専用の会計ソフトもラインナップされています。

ソリマチの会計王シリーズの特徴としては『操作面』『機能面』『サポート面』のバランスが整っているという印象です。

会計王には『簡易振替伝票入力』『振替伝票入力』『らくらく仕訳入力』『出納帳入力』『元帳入力』『エキスパート仕訳入力』の6つもの取引入力機能が搭載されています。

この点は他社と比べても充実している点でしょう。自分の経理の知識やこれまでの経理スタイル合った入力方法が見つかるかと。

毎月発生する仕訳パターンを一括で選択&登録可能なお決まり仕訳機能や複合仕訳の際に借方と貸方の差額を自動計算してくれる機能等は魅力的ですね。

また、複式簿記の知識がない人向けのらくらく仕訳入力という機能も特徴的。

日付と取引の種類&内容、金額を選択肢から選ぶだけで仕訳が完成する初心者向けの入力方式です☆

>>会計王21の取引入力機能についての製品レビューはコチラ

また、会計王では銀行やクレジットカード等の金融機関の取引明細を仕訳データとしてソフトに自動で取り込むことが可能です。(全国99%の金融機関に対応)

以前からこの機能は搭載されていたのですが、18シリーズから新たに『Moneylink』というアプリとの連携が可能になり、さらに使い勝手が充実したようですね。

最新の会計王シリーズではAI仕訳と銘打たれていますが、この自動仕訳機能を上手く活用できれば作業負担が軽減されること間違いナシでしょう。

また会計王シリーズはサポート体制が充実している点も特徴の一つ。

ソリマチには年間保守プランの『バリューサポート』というサービスがあり、会員専用のサポートセンターにて製品の操作方法や各種トラブルまで直接相談にのってくれます。

パッケージ版製品には初年度分(最大15ヶ月)のバリューサポートが含まれています。

個別の質問内容がデータベース化されているので『前回の質問の続き・・・』なんていう相談も可能な点は嬉しいですね。

人気の税理士先生が作成している『実務解説本』も付いてくるので実務面が不安な会計初心者の人でも安心。

また、ソフトの導入から設定までをわざわざオフィスに出向いて代行してくれる『レスキュー王』サービスや専用のオンラインストレージ『安心データバンク』等のサービスも用意されています。

さらに返品もOKという手厚い対応をしてくれるので、万が一自社の環境に合わなかったとしても金銭的なデメリットはありません。

30日間の無料体験版も公式イトからダウンロード出来ますので、導入を検討の方はまずは体験版をダウンロードしてみて会計王シリーズの使い勝手を試してみてはいかがでしょう。